富山県パーキンソン病友の会

(全国パーキンソン病友の会富山県支部)

来年2017年は友の会発足15周年の節目を迎えることから、レベルの高い医療講演を開くことになりました。
それで、この度、NHKの「今日の健康」でおなじみの村田美穂先生(国立精神・神経研究センター病院々長)に講演の内諾を得ることができました。murata

貴重なお話が聴ける絶好の機会です。今から口コミで友人、知人に宣伝してください。
友の会々員はもちろん、医師、医学生、看護師、患者、その家族の皆さん方のご来場をお待ちしています。

・日時: 2017年4月23日(日) 午後2時から
       (午後1時からの友の会の年次総会の後)
・会場: サンシップとやま
       富山県富山市安住町5-21
・演題: 「パーキンソン病はよくなる」 (質疑応答の時間を設けます)
・入場無料

富山県パーキンソン病友の会々長の尾山充さんが、先月7月18日逝去されました。
自身も若年性パーキンソン病でありながら、友の会発足当初から精力的に活動されて、56年の人生を駆け抜けていった尾山さん、ゆっくりお休みください。

いまだに、急な別れが惜しまれますが、8月22日の北日本新聞朝刊に、尾山さんを追想する記事が掲載されました。改めて、ありし日の尾山さんを偲びご冥福を祈ります。

記事の画像上でクリックすれば、別ウィンドウで拡大表示します。 それでも、見にくい方は、こちらのPDFファイル(400.38KB)でご覧ください。

追想ありし日 尾山充さん

上部のメニュー右端に「地区交流会」を追加しました。

パーキンソン病の大敵は「安静」と「ストレス」です。
家の中にこもりがちになると、身体を動かす頻度が少なくなり、ストレスも蓄積していきます。
これを防ぐためには、趣味など楽しみを共有できる人との関わりを持つことです。
その結果、身体を動かすことになり、前向きに生きるきっかけを与えてくれるはずです。

ある専門医が言っています。
パーキンソン病と前向きにつきあうためには「気合で楽しむ」ことだと。

地区交流会へ、まずは気合で、一度足を運んでみてください。
お待ちしています。

↑このページのトップヘ