富山県パーキンソン病友の会

(全国パーキンソン病友の会富山県支部)


月曜日に役員会をしました。

会場は富山と高岡とを交代でやっていますので
今回は高岡、畠リハビリジムで行いました。

会を運営していくにはたくさんの力が要ります。
ひとりひとりの力を持ち寄って成り立ちます。

前向きに会の活動を一緒に考える有意義な時間でした。

涼しくなりましたね、の挨拶もそこそこに急降下で寒くなりました。
会報誌の作成中です
現在は年に4回の発行で今年度の2回目です。
バックナンバーは103号(総会資料号も含みます)
ずいぶんな数を出してきましたね
情報が得られて楽しめるものを~と心しているつもりですが
きちんと伝わっているのか、
自己満足に終わっているのではないかといつも不安です

それでも没頭する作業は充実感もあって嫌いではないですね。
拙い会報誌ではあるけれど、
読んでくださる会員から「あの記事よかったよ!」と
言われると疲れも吹っ飛びます

来週、発送できるようにもうひと踏ん張りします!



 


 まず、事前にお知らせしなかったお詫びをいたします
今日は、サンシップとやまにて富山県難病相談・支援センターと共催で医療講演とリハビリ体操を行いました。

講演:「パーキンソン病を知って共に歩もう!-それぞれの患者さんのより良い未来のためにー」
講師: 福岡町たぐちクリニック 田口芳治先生

とても分かりやすく、丁寧な説明で勉強になりました。
とくに心に残った冒頭の言葉
本日の目標・・・パーキンソン病の症状や治療について理解し、
        自分の事について相談できるようにしよう!


体操:-パーキンソン病患者のための「ゆるリッシュ体操」
講師:株式会社ディーバス 代表取締役 理学療法士 津川美子先生

家庭でも簡単に無理せずできる体操を会場も一緒になって行いました。
血流をよくしたり、立ち上がるコツなど気軽にできる動きを指導してもらいました。

お二人の先生方、どうもありがとうございました。

そして、本日パーキンソン病友の会にご入会くださったみなさま、ようこそ!
みなさまの熱い視線が、今日ここに戻ってきた原動力となりました。
力をくださったみなさま、一緒に前を向いていきましょう。



↑このページのトップヘ